FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島民報力だめし(2016理科4) ~身のまわりの物質~

 2016-05-31
力だめし理科の4回目は、中学一年生で学習する身のまわりの物質に関する問題です。

【1】密度に関する問題



(2)Aの質量をxgとすると、10(cm):0.0133(g)=300:xより、
x=0.0133×30=0.399(g)

(3)100gあたりの体積を求める問題。
時間に余裕があれば以下のように計算します。

Aの100gあたりの体積をacmとします。
a(cm):100(g)=10:0.0133より、
a=100×10÷0.0133=75187.9・・・

Bの100gあたりの体積をbcmとします。
b(cm):100(g)=10:133.5より、
b=100×10÷133.5=7.49・・・

Cの100gあたりの体積をccmとします。
c(cm):100(g)=10:89.6より、
c=100×10÷89.6=11.1・・・

Dの100gあたりの体積をdcmとします。
d(cm):100(g)=10:10.0より、
d=100×10÷10.0=100

よって、体積が最も小さいのはBになります。

ここまで計算しなくとも、質量が最も軽いのがAで、最も重いのがBですから、
AとBの2つを計算すればよいということにすぐ気付くでしょうね。

カンの鋭いコなら、「値の少ないAが答えになるはずないので、質量が一番重いBだ!」と計算しないで答えるかも(^_^;)

(4)Dの体積と質量は10(cm):10.0(g)=1:1なので、1.5kgを1500gになおして、1500cmとなります。単位が違うので早合点して1.5cmとしないように注意。

【2】白砂糖、デンプン、食塩を区別する問題


それぞれの水への溶け方、加熱した時の様子を覚えておくこと。
また、有機物はふつう水素もふくみ、燃やすと二酸化炭素のほかに水ができることも覚えておきましょう。

【3】プラスチックに関する問題


種類と性質について答えます。
覚えにくいですが、食品の袋や商品の包装、飲料の容器等プラスチック製品は多く身のまわりにありますので、表示を参考にしてみるのもよいかもしれません。
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kanepon7.blog130.fc2.com/tb.php/165-4a636251

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。