スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島民報力だめし(2016社会6) ~歴史・律令政治~

 2016-06-10
力だめし社会の6回目は歴史です。
律令政治下での農民の生活に関する問題。
天皇や貴族たちは華やかな生活をおくっていましたが、一方では貧しい農民が重い税負担にあえいでいた時代です。

(1)「貧窮問答歌」からの問題



1.取り立てを行う役人の職名を問う問題
ア.「地頭」・・・鎌倉時代、源頼朝が設置。×
イ.「郡司」・・・地方の役人ですが、家に赴いて税の取り立てを行う職ではありません。×
  ちなみに律令制では、地方の役所は国司-郡司-里長という順番です。
エ.「守護」・・・アとおなじ。×

よってウ.「里長」が正解。

2.「班田収授法」を問う問題
この時代の土地に関する法律は他に
「三世一身法」、「墾田永年私財法」があります。
それぞれの内容を理解しておくこと。

3.与えられる口分田の計算問題
男子は49歳と、14歳の2人いますので、2段×2人=4段です。
女子は51歳、28歳、20歳、3歳と4人いますが、口分田は6歳から与えられるので対象は3人です。
よって女子は2段×3人×3分の2=4段です。
この家族で受け取る口分田は4段+4段=8段となります。

4.律令制での税負担の内容に関する問題
「雑徭」についても確認しておきましょう。

5.戸籍の詐称に関する問題



6.「貧窮問答歌」の作者、歌集を問う問題
必出問題です。絶対覚えましょう。

(2)「続日本紀」(現代語訳)からの問題



「墾田永年私財法」により公地公民制が崩壊し、開墾した土地を永久に私有できるようになりました。
農民にとっては、土地が増えれば収入も増えるのでうれしいはずなのですが、農民が農地を捨てないよう、土地にしばりつけるための法律ともいえます。この法令が出されたのち、有力な寺社、貴族が私有地(荘園)を増やしていきます。
スポンサーサイト

トラックバック
トラックバックURL:
http://kanepon7.blog130.fc2.com/tb.php/167-bc45d4ef

コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。